風呂に入りそびれる。

2019年2月6日の作業内容

・底辺脱出ブログ1記事投稿

 

風呂に入りそびれる。

今日は、風呂に入りそびれてしまいました。

 

どういう事かと言いますと、
・現在、風呂ナシの客室の一室を寮代わりにしています。
・その事もあって大浴場を使っていいことになっています。(寮住まいじゃなくても使っていいことになっています)
・しかし、22:00~23:00の間に入らないといけません。
といったルールがあるのですが、今日は疲れていたこともあって寝落ちしてしまい、風呂の時間が過ぎてしまったという…。

リゾートバイト 風呂 入りそびれる

一日働いて疲れた後の風呂を楽しみにしていただけに…残念!

「時間過ぎてるけど、こっそり入ろうかな…」なんて思ったのですが、きのう男性従業員が
・お掃除係の人に「男風呂には客がいて、女風呂には客がいない→だから女風呂に入りな」と促されて入る
=これが大問題に
といったトラブルがあったばかりなので、ルールを破るのも気が引けるので…今日は風呂ナシ!

 

アフィリエイト作業もやる前に眠ってしまったので、このブログを更新するのみに終わるという。

 

洗面所で髪の毛&顔洗って、体は拭いてしのぐしかないかな。

ん~、なんか切ない気持ちになりました(トホホ)。

明日、仕切りなおします。

 

生きる事を続けるのか、この世を去ることになるのか、運命の日まであと328日です。

 

2 Responses to “風呂に入りそびれる。”

  1. 初めまして、こんな時間にコメントを書いてしまい申し訳ありません。
    命は大切にして下さいね。生きていられるだけでも感謝の毎日ですよ。
    人生には良い事と悪い事が誰しも、半分ずつやって来るそうです。タテケンさんは
    今は余り心に余裕が無いのでしょうか、という事は今は良くない時期かもしれませんね。
    でも生きていれば美味しいものだって食べられるし、楽しい事だって沢山あります。
    辛い日々もいつの日か、しみじみと思い返せる日が必ずやって来ます。
    私は二十歳の時に自分の病気を知り絶望しました。死ぬ事ばかりを考え二度未遂を起こし
    長期間入院していた時期もありました。現在は過去を捨て、家族に関わるとその時以上の
    心労を掛けるだろうと思い、生きている間はもう二度と会わないと伝え家を出てきました。
    それから今年の5月で5年が経とうとしています。精神状態が安定していないので定職に
    就く事もせず、毎日静かに外の景色を眺めながら暮らしています。
    そんな私ですが、毎年北海道の離島で4か月程度ですが住み込みで働かせて頂いています。

    北海道の離島ですから給料は高い方ではないけれど、毎日狭い部屋に閉じ籠る生活よりは
    全然良いですし、何よりお金を稼いで自分の欲しい物を買えるのが何より嬉しいです。
    ホテルの裏方の仕事なので手取りで月18~19万円程度ですが、食事もローテーション
    で似たり寄ったりで他の従業員の方の中にはぶーぶー言う方もいますが、とても美味しい
    ですし、何よりお腹いっぱい食べられるのでとても有難く感じます。
    もしタテケンさんが現在のお仕事が終わって区切りの良い所で動けそうでしたら、私の働
    いているホテルはいつも慢性的な人手不足ですので、人が足りていなければ基本どなたで
    も働けます。ただ季節雇用なのでお休みは少ないのですが、職場の人間関係はかなり良好
    だと思います。

    それに離島ですからお金を使う事も殆ど無いので、お金は1シーズンで60~70万程度
    は貯まりますし、期間が終わった後は一時金で15万円程度貰えるので、悪くは無いと思
    います。何より障害持ちの私でもなんとか働ける職場なので、タテケンさんならみんな大
    歓迎だと思います。勿論社会保険は完備してます。それでは今回はこの辺で失礼します。

    • Snowさん

      はじめまして、コメント頂きありがとうございます。何度も読ませて頂きました。

      病気を患って大変な経験をされたのにも関わらず、自分で決断をして前向きに今を生きているSnowさんの頑張りに励まされましたし、お心遣いに感謝していますし、遠くからではありますが応援させてもらいたいなと感じました。

      Snowさんも住み込みでホテル勤務されていらっしゃるんですね。働いていると愚痴を言いたくなるときもありますが、住む部屋があったり食事が出たりすることは本当にありがたいですよね。
      それに自分でお金を稼いで欲しいものが買える嬉しさを感じていらっしゃること、素敵だなと思いました。

      また、Snowさんが働いていらっしゃるホテルが慢性的に人手不足という事で、僕に仕事を紹介できると伝えて頂きありがとうございます。教えて頂いたこと、しっかり覚えておきますね。

      最後に、北海道は厳しい寒さが続くと思いますが、お体にお気をつけてください。応援しています!

コメントを残す