真夜中の異臭騒ぎ。

2019年3月22日の作業内容

・底辺脱出ブログ1記事投稿

 

真夜中の異臭騒ぎ。

今日もリゾートバイトな一日が終わりました。

 

今の寮、以前にこちらの記事でもご紹介させて頂きましたが、古さはあるものの掃除をし直して、今では大分住みやすくなりました。

 

しかし昨日の夜、寝る前になってから「えっ、何か臭くない…!?」と思い始めて、さらに10分くらい経つと「これはいけない臭いを発している…!」と、異臭騒ぎが起きました。(一人で勝手に騒いでいるだけですが。苦笑)

 

何の臭いかというと、俗にいう「下水臭い」感じだったので、ネットで情報を調べて

・流しのトラップの水が切れていないか?または腐ってないか?
・洗濯機の排水溝周りじゃないか?
・トイレの水周りじゃないか?
・シンク周りじゃないか?
etc…

臭いの元になりそうな所を徹底的に調べた&(眠たい体を起こして)掃除したのですが、原因は分からず…。

 

原因が分からないと落ち着かないもので、なんとか突き止めようと更にいろいろと情報を調べていると、

・雨が降ったりして湿度が高くなる

・雨がやんだりして湿度が平常に戻ると

・部屋の壁の材料などが、外気などと湿度の平均化しようとして

・壁の板などに染み付いていた臭いが湧き出てくる

といった事があるようで、ちょうど雨上がりのタイミングだったので「このことかも…」と可能性も無きにしも非ずだという事が分かりました。

 

そして、上記のことに対する対策としては

・換気する

だったのですが、そういうば前回Gが出てからは、虫が入ってこないようにと窓をしめっぱなしにしていた事もあって換気してなかったなぁと。

 

真夜中はまだまだ寒かったのですが、とりあえず異臭がしては眠れないので窓全開。

下水臭い 原因 換気(窓が小さい。笑)

およそ4時間ほど換気して、ようやく普通の臭いに戻ってくれました。

 

いや~、換気あなどることなかれ。

 

夜中に窓を開けるのは、「またGが進入してこないか?」と心配だったりもしましたが、ひとまず異臭が落ち着いてよかったです。

 

話は変わりまして、今日は集中力に欠けてアフィリエイト作業に集中できていないので、また寝てからの朝活をしたいと思います。

生きる事を続けるのか、この世を去ることになるのか、運命の日まであと284日です。

 

コメントを残す