底辺脱出ブログ 管理人 タテケンの自己紹介

底辺脱出ブログ 管理人 タテケン

このブログを書いています、管理人のタテケンです。

 

まずはじめに、命がけの目標を宣言させて頂きます。

2019年の年末までに、アフィリエイト確定報酬30万円を達成しなかったら死にます。

 

いきなりどこの誰か分からない男がこんな事を書いていると、「(ブログだからって)何を軽々しく言ってるんだ。」「簡単にそんな事言うんじゃねぇ。」といった声が聞こえてきそうですし、もし逆の立場なら(仮に、自分が第三者でこのブログを見ているなら)そう思っているのではないかな、なんて思いました。

 

ここでは、

・タテケンの人物略歴
・どうしてこのブログを書こうと思ったのか?(こういった目標なのか?)

といった所について書いていってみたいと思いますので、もし興味を持って頂けましたらお読み頂けますと幸いです。

 

タテケンの略歴

誕生~中学校

1984年11月、大阪で生まれました。(2019年2月の時点で34歳です。)
生まれる時、母親のヘソの緒が右腕に巻きつき縛られた状態で生まれたため、右腕が自由に曲げ伸ばしできないという障害が残ってしまいましたが、その他は元気な状態で産んでもらいました。

 

小学校3年生からは硬式野球をはじめ(右腕の関係上、左投げ左打ちに矯正&ポジションはピッチャーと外野)、6年生の時にはキャプテンを務めたりして、勉強そっちのけで本当に毎日熱心に練習をし、野球漬けな毎日を送っていました。(小学校の時の記憶は、とにかく「野球頑張った!」というものしか思い出せません。笑)

 

そして中学1年生のとき、国立大学病院にて右腕の手術をしたんですね。しかしまさかの失敗。

右腕 傷跡

余計に動かしにくくなってしまったのですが、国を相手取って裁判などを起こすと万が一負けた時に払いきれない費用がかかることが判明したので、この頃に右腕の治療は諦め、この体で生きていく事を決めました。

しかし、あまり悲観的になることもなく「生きてれば、少々体の悪い所もあったりするよね~」「右腕たしかに悪いけど、結構スポーツできちゃったりするし、問題ないでしょ。」という事で、引き続き野球少年な日々を3年間送りました。

 

高校~専門学校

地元の高校に進学してすぐに野球部に所属したのですが、3ヶ月経った頃に「これは…レギュラー獲るの無理だ。」と悟ったので野球部を退部。人生初のバイトをマクドナルドで初めてからは、周りの友達の影響もあってバンドをしたりバイクを乗り回したりで遊んでばかりいました。

 

高校卒業後の進路については、「簿記の専門学校行って、手に職付けたら将来困らないでしょ。」なんて思っていました。が、あるアーティストのライブを見た時に「世の中で、こんな格好いいことがあるんだ…」と衝撃が走ってしまい、音楽の専門学校へ進学。

音楽の専門学校に通ってからはオーディションやバンド活動を一生懸命していました。が、全く爪痕を残すことが出来ずあっという間に2年間が過ぎました。

 

上京。

専門学校を卒業したとき「東京行って音楽やって、デビューしてやる!」と思ってしまい、よくある上京物語を敢行。

専門学校時代の友達も上京していたことから、人づてでたくさんの出会いを貰って、最終的にはあるアーティストの方の付き人的なことをさせてもらいながら勉強&修行をさせて頂けるという、人に恵まれた環境で音楽活動をすることが出来ました。

 

下積み時代を経て、自身のバンドを結成。最終的にはインディーズではありますが全国流通でCDを発売できる所までいきました。が、メンバーとの衝突がありバンドは解散。この時、CDを発売する段取りがあったのですがオジャンになってしまった為に人生で初めて多額の借金を背負い、音楽への気持ちが切れてしまった為に約10年間の音楽生活に幕を下ろしました。(この時、28歳くらいでした。)

 

バンド解散後。

バンドが解散した後は「これからの人生、何をして生きていこう…」となってしまったのですが、知り合いに「フリーランスのWebデザイナーをして、会社に縛られない生き方をしている人」が居たので、「次に目指すのはコレだ!」と思って完全に独学でWebデザインの勉強をはじめました。

 

ある種怖いもの知らずだったのかもしれませんが、全く経験がないし、求人も出ていないのに、デザイン事務所に「雇ってください!」と言いまわっていると、雇ってくれるデザイン事務所がありました。正直、ブラックにもほどがある勤務時間(月400時間に迫る勤務時間)でしたが、1年でなんとか独立してやっていけるレベルのスキルを身につけました。

 

晴れて個人事業主として開業。アフィリエイトを始めるまで。

30歳のとき、個人事業主として開業しました。

ホームページ制作をメインに仕事を始めたのですが、この頃にちょうどホームページの価格破壊が起きていて、ひと昔前だと50万円~で売れたホームページが10万円でも売れない時代に突入。

 

「せっかく開業したのに、時代が俺を置いていったな~」なんて思っていたのですが、ある時仕事関係の人で「アフィリエイトっていうので、えらい儲かっている人がいる。」という話を聞いて興味津々に。なんとかアポを取って実際にお話しを聞いたりなんかして、「よし、自分もアフィリエイトをやっていこう!」と思い立ち、2015年の1月からアフィリエイトを始めました。

 

アフィリエイトを始めてから現在に至るまで。

2015年1月にアフィリエイトを始めると同時に、某アフィリエイト塾に入塾しました。

実際にやったことがないと「アフィリエイトって詐欺なんじゃないの!?」とか「本当に稼げるの?」とか「塾なんかに入って大丈夫?」といった所が懸念される所だと思うのですが、僕は「塾に入って実際に稼げるようになった人に、何をどうやって稼げているのか?」という所を事前に聞くことが出来たので、まったく不安なくアフィリエイトをスタートすることが出来ました。

 

しかし、2年間はみっちりアフィリエイトをやり込んでも月10万円以上稼ぐことが出来ず。

こう書くと「やっぱり稼げないんじゃん。」とか「騙されたんじゃないの?」と言われるかもしれないですが、やってみて分かったことに

・アフィリエイトはネットビジネス=そう、ビジネス=そんな簡単に稼げる訳がない。しかしビジネスとして捉えて作業していけば、サラリーマン以上に稼ぐことが出来る。そして自由な時間も増える。

という事だったんですね。

 

そんなこんなで同じ時期に始めた人がたくさん諦めていく中、アフィリエイト3年目で急に成績が伸びました。

やらしい話になってしまいますが、過去最高報酬は発生80万円/月・確定60万円/月まで伸びて完全に天狗状態に。

スキルもないのに豪快に外注費用を割いたり、欲しいものを気ままに買ってしまって散財したりという、なんともアホな生活を送ってしまっていました。

 

しかしそんな生活は長く続きませんで、(専門的な話になってしまいますが)2017年の12月に検索エンジン上の大きな仕様変更が起きて、これまで築いてきたものが一瞬にして崩れ落ちるという。

 

2018年の4月には「もうヤバい、バイトでもなんでもしないと生活できない。。。」という状況にまで落ちてしまい、求職活動開始。(この頃には、Webデザイン事業から完全に撤退していました。)

しかし大した職歴がなかったり、年齢が33歳になっていたという事もあって本当にことごとく面接に落ちる日々。本当に全然受かりませんでした。アフィリエイト報酬も月10万円を割るまでに落ち込んだのですが、勤め仕事が決まらないので何とかアフィリエイトで巻き返そうと投資するも、実らず。

おいうちをかけるように母親が肺がんを患い、多額の出費を手助けしたこともあって貯蓄は完全にゼロに。

2018年の10月からは完全赤字生活になってしまい、みるみるうちに借金100万円超え。もろもろの支払も滞っている状況に。

 

そして現在(2019年~)に至っています。

 

どうしてこのブログを書こうと思ったのか?(どうして、この目標なのか?)

なぜ「2019年の年末までに、アフィリエイト確定報酬30万円を達成しなかったら死にます。」という目標を立てたのか?なぜブログを書いているのか?という所について書いていってみます。(自己紹介を読んで頂いたテイで書いていきます。)

 

2018年にアフィリエイト報酬が落ち込みはじめた時、自分が危機的状況だったのにもかかわらず作業をサボってしまいました。

こう書くと「そんなの自分が悪いんじゃん。自業自得。」と言われると思うんですね。

確かに自分が悪いですし自業自得なのは間違いないのですが、一度報酬が上がったことで燃え尽き症候群的なモチベーションになったこともあり、フリーランスとして再びたった1人で仕事を計画し、作業を進め、続けていく。ましてやアフィリエイトという報酬が約束されていない作業を自制心を持って淡々とこなしていくというのはとても難しく、完全に報酬が下がって尻に火が付いてようやく「もう1回、気持ち引き締めてやらないと…!」と思うまでサボり続けてしまいました。

 

そしてそんな自分の怠惰な行動は、自分自身を苦しめました。

 

1つめ

僕にはなついてくれる可愛い姪っ子がいます。遠く離れた場所に住んでいるのですが、2017年以前だと

・仕事を自分で調節して時間を作り、
・プレゼントを用意して
・会いに行く

という事が出来ていたのですが、2018年は「時間がない」「お金がない」という所で姪っ子の顔を見ることが出来ず、姪っ子を泣かせてしまいました。

 

2つめ

母親が肺がんを患ったとき、

・年老いた母親が、大きな傷跡が残り体にダメージを受ける治療しか受けられず苦しんだ姿を見たときに、本当に情けなく、なんとも言えない気持ちになりました。
=もし自分がしっかりアフィリエイトで稼ぎ続けていたら、もっと効果的で楽な治療を受けさせてあげられた。

と、本当に悔しい思いをしました。

 

3つめ

結婚を考えていた彼女との約束を守ることが出来ず、別れました。

 

4つめ

アフィリエイトの報酬が落ちたので派遣やバイトの面接を受けるも落ち続け、借金も増え続け、自分の社会的立場を改めて実感し、もう本当に「フリーランスでやっていくなら、覚悟を決めて結果を出し続けないと後がない=いつでも勤め仕事に戻れると思ったら大間違い」という事を悟りました。

 

といったような事が起き、自分的に精神的にグッとくるような事が2018年に立て続けに起こりました。

 

自分のふがいなさに本当に嫌気がさしましたし、情けないことこの上ないと感じましたし、心の弱い、甘ったれた僕は人生で初めて心の底から死にたいと思ってしまいました。

 

でも、楽しく生きたいのが本音です。

 

なので、

・本当に楽しく、自由に、自分の思う通りに生きたいなら、最後に1年だけ頑張ってみたらいい。
=それでダメだったら自分は何をやっても変われない。死んだらいい。

と、怠け者の自分にチャンスを与えてみることにしました。

 

そして本気で目標を達成しようとした時、達成できる確率が高くなる方法(計画の立て方)などを色々と調べていると、

・自分が達成したい目標があるなら、多くの人に宣言するといい

といった様な情報を目にしました。

 

なので、多くの人の目に触れる可能性があるブログを立ち上げ、自分の目標を宣言し、1年頑張ってみるという事をしようとしたことがこのブログを書き始めたきっかけです。(同時に、(死ぬことを選んだとしても)何か生きた証を残したいと思ったのもきっかけです。)

 

顔を晒し、「目標達成できなかったら死にます」なんてたいそうな事を言っている以上、目標達成しないまま生き続けるのなんて恥ずかしいったらありゃしませんよね。

自分で覚悟を決める力もない男ですので、なかば強制的に覚悟を決められるブログを書いて、2019年は必ず目標を達成するように頑張ろうとしている次第です。

 

最後に。

この自己紹介ページを書かせて頂いているのは2019年2月11日、ブログを開設してから約1ヶ月が経った頃です。

最近ではブログにコメントをして下さる方が居たり、ブログに訪れて下さっている方が増えてきていたりします。

こんな自己中なブログにも関わらず、読んでくださっている方が居る事に感謝しています。ありがとうございます。

 

このブログを読んでくださっている方が、どういった気持ちで読んでくださっているかという所までは完全には推し量れなかったりしますが、

・こいつ(タテケン)、バカなこと言ってるな~、でも
・私より悲惨な人が居るわ~(だから元気出るわ~)、でも
・甘いこと言ってるから叱咤激励してやろう、でも
・この人の行く末が気になる、
etc…

なんでもいいので、ありのままを書いて、何かを感じてもらえるブログになっていれば良いな、とも思いますので、これからもありのままを書き続けていきたいなと思います。

 

また、何か言いたい、書き込みたいことなどがありましたら、気軽にコメント頂けると幸いです。

以上で、底辺脱出ブログ・管理人タテケンの自己紹介を終わります。

 

読んで頂き、ありがとうございました!

 

底辺脱出ブログ トップへ戻る>>

 

コメントは受け付けていません。