同じ土俵にあがってはいけない。

2019年2月8日の作業内容

・底辺脱出ブログ1記事投稿
・メンテナンス作業

 

同じ土俵にあがってはいけない。

最近は連日リゾートバイト中のことについて書かせて頂いていますが、今日もブログに書きたくなった事がありました。

 

現在働かせてもらってるホテルは割と高級な部類に入るホテルでして、僕はそこでフロント受付業務をしています。

お値段がするだけあって、来られるお客さんは割とスマートな立ち振る舞いをされる方が多かったりするので、ホテル側も言葉使いや立ち振る舞いなどの接客には(僕が経験してきた中でも)細かく厳しい方だと感じています。

 

そんな中、今日はホテルに似つかわしくないトンデモなお客様がご来館。

 

金髪&盛り髪の若い女性を引き連れ、日焼けしたおじさんがチェックインに来たのですが、「ご署名をお願い致します。」と宿泊カードに署名を求めたところ、「何回も来てるのに、書かせるんか?」と先制パンチ。(データ上、1度だけご来館頂いた事が後に判明)

 

渋々サインをしたおじさんに、続いて「ご予約の確認と館内の案内をさせて頂きます。」と言ったところ、「はよ鍵よこせ。ごちゃごちゃ言うてるんちゃうぞ。」とワンツーパンチ。

 

ここまでだったら「はいはい、分かりましたよっと。」と内心で思いながらパンチを交わせるのですが、おじさんがまた続けて「俺がここ泊まってるかどうかの問い合わせあったら、男同士で来てるて言えよ。」と変則パンチ。

 

全く想定したことがない角度だったので、とっさに「お客様の個人情報を守る観点から、お客様の宿泊に関する情報はどなたにも一切お答え致しかねます。申し訳ございません。」と答えました。

自分では「おっ、とっさにしてはナイスな返答だったんじゃない?」とか思っていたのですが、これがおじさんの逆鱗に触れたらしく、「お前みたいなもんは、おとなしく従ってたらいいんじゃ!このサル顔が!!#$%&/%$ーーー!」と、まくしたてる始末。

リゾートバイト トラブル

その後、声の大きさに支配人が飛んできて謝りたおして事なきを得たのですが、どうやら「お客様に協力する」という形で落ち着いていました。(協力するって、ホテルとして問題アリなんじゃ…)

 

10年前の自分だったら、もしかしたら「今何て言った?お前はゴリラ顔やないか!」くらい言い返してたかもしれませんが(笑)、久しぶりにこういう場面に出くわして
・同じ土俵に上がってはいけない=交わらない人種は存在する
という事を再認識した、学び多き一日でした。(早くチェックアウトしてくれないかな~笑)

帰り際、上司に僕に非があるような事を言われたのですが、全然耳に入ってきませんでした(笑)

 

癒しの一服。
アイコス イエローメンソール うまい
違う派遣先、探そっかな。

 

引きずるのはここまでにして、自分の時間は引き続きしっかりアフィリエイトに向き合っていきたいと思います。

 

生きる事を続けるのか、この世を去ることになるのか、運命の日まであと326日です。

 

2 Responses to “同じ土俵にあがってはいけない。”

  1. こんばんは。毎日コメントを書いても迷惑かなと思い、少し頻度を
    減らそうと思ったのですが、今日も気になる内容だったので短めに。
    接客業は基本我慢です、タテケンさんの言うとうり、どうしても理
    解の範疇を超えている人はいますが、その場では何くそと思っても
    笑顔で対応しておいた方がスムーズに流れます。

    短気は損気ですから、自分に非が無ければ考えるだけ無駄な労力で
    す。ただお客さんの立場で考えれば、以前宿泊されたという事もあり、もう少し簡潔にチェックインされたかったのかもしれません。
    ただそこはホテルによって対応の仕方も違いますから、宿泊に来ら
    れた以上、それが例え何度も宿泊されているお客さんであっても、
    ホテルの規則に従って貰わなければいけないと思います。
    お金を出している方が偉いという考えを持っている方が一定数存在
    するのは事実です。

    しかしその様なお客さんは極一部の方ですから、きちんとマニュア
    ルに沿って対応出来ているのであれば自分を責める必要は無いでし
    ょうし、まだ働き始めて数日のタテケンさんに「柔軟な対応をしろ」
    と上から言われてもきっと難しいと思います。それに万が一柔軟な
    対応のつもりで行った行為がお客さんの逆鱗にでも触れたとしても、
    きっと上司の方はまたあなたを非難して終わりだと思います。働き
    始めてからのブログも読ませて頂いていますが、あまりこの様な事
    を書くのはどうかと思いましたが書かせて頂きます。

    タテケンさんの働いてる職場の上司の方は、少なくとも理解力の乏
    しい方だと感じました。たぶんそちらのホテルは、新人の方が育ち
    にくい環境であると思います。一方的に否定するだけでは不信感し
    か芽生えませんからね。先ずスタッフが気持ちよく働ける環境であ

    る事が、良いホテルの条件です。みんなが笑っていると笑顔が連鎖
    するのと同じです。

  2. Snowさん

    いつもコメントありがとうございます。コメントを頂くことは全然迷惑なんかではないですし、むしろ嬉しく思いますので、書きたいことがある時は今後もよければ遠慮なくコメントして頂けたらな、なんて思っています。

    Snowさんの仰るとおり、理解の範疇を超える人には「笑顔で対応」を忘れず華麗にスルーできるように、自身もスキルアップしていかねばと思いました。そして今後もしばらくはリゾートバイト(ホテル業界)で働こうと思っているので、チェックインの時などはお客様の気持ちを汲み取って、柔軟に対応できる所はそのようにしていくように努めていきますね。

    また上司のことに関して、いろいろと僕の状況を汲み取ってコメントして頂きありがとうございます。本当に、スタッフが気持ちよく働けてこそ心から笑顔の接客が出来ますよね。Snowさんが毎年勤められているホテルは人間関係も良好とのことでしたので、スタッフさんも笑顔で働いていて、お客様も気持ち良い接客が受けられて満足度が高そうですね。

    色々学ばせて頂いたり、Snowさんにお心遣い頂いたことに感謝です。ありがとうございます!

コメントを残す