ボヤ&相部屋開始。大事には至りませんでしたが…

2019年4月9日の作業内容

・底辺脱出ブログ1記事投稿

 

ボヤ&相部屋開始。大事には至りませんでしたが…

昨日の話ですが、今の派遣先の旅館でボヤ(小火)が起こりました。

 

第一発見者は主任。

大浴場からフロントに慌てた声で電話がかかってきて「早く支配人に代わって!」と、いつもの穏やかな様子とは全然違っていました。

 

たまたますぐ横に居た支配人に電話を取り次ぐと、「火事です、すぐに大浴場に来てください!」という声がもれ聞こえて、ただ事ではないと悟った支配人と僕が現場へ駆けつけました。

 

現場は大浴場・更衣室外側の、今は使っていない木造の橋と建物の間から炎が上がっていました。

 

支配人が

「消火器を集めろ!あと消防車呼べ!」

という事で、主任は消防へ連絡&(スタッフ・お客様問わず)館内に伝達、僕と事務の男性社員で館内を走りながら「消火器を!」と周りのスタッフに叫びながら消火器を集めて再度現場へ。

 

時間にして2~3分経ったか経っていなか、くらいの間で消火器をかき集めて現場へ戻ってきたのですが、木造という事もあってか、初めに現場へ到着した時よりも明らかに炎が大きくなり、煙が館内に充満しました。

 

窓にかかっているスダレを力ずくで引き剥がし、支配人と僕が窓の上から消火器を計4本使って初期消火をしたのですが、なんと炎は消えず。

 

上から消火器をかけていたのですが、よく見ると板の裏側を這うように炎が燃えていて、建物の方へどんどんと炎が押し寄せてきていたので、

「支配人、下が燃えています!外に出て下から消化しないと!」

と僕が言い、外へ出ようとすると、支配人は

「橋は使ってないし燃えてる!危険だぞ!」

という事で、外へ出ることを少しばかり制止されるような言葉に聞こえたのですが、建物に迫ってくる炎を見ていると危険を感じたので、僕はたまらず窓をよじ登って外の橋へ。

 

消火器を持って、燃えて穴が開いた箇所に手を突っ込み、そこから橋の下(裏側)を消化するもなぜか火が消えず。

 

支配人も上からの消化を続け、僕も火に近づいて橋の下側を消化するのですが炎は何度も復活して

「どうして消えない!?」

と焦り、消火器をもう1本、もう1本と使うもまだ消えず。

 

そうこうしていると、他部署の男性社員が風呂場からホースを繋いで現場にもってきてくださったので、とにかく炎が建物の方へ行かないようにと必死で放水しました。

 

時間にして15分くらいでしょうか、ようやく火は完全に消えて、そのタイミングで消防の方が到着しました。

 

旅館 ボヤ 木造

消火器計12本以上、5~10分程度の放水でなんとか鎮火。

画像は、消化後の警察と消防による現場検証中のものです。

 

僕自身、火事を目の当たりにしたのは初めてで、

「防火ベルは、燃える場所によっては作動に時間差が出てしまう」
「火の燃え広がり方って、こんなにも早いのか」
「炎は表面だけ鎮火しても、(木造だと)中にくすぶっている火種がある限りは油断できない」
「実は、消火器1本では消せる炎の大きさや範囲は知れている」
etc…

という事を身を持って体感し、とても心拍数が上がりました。

 

そして火事場の馬鹿力というのか、消化活動中はアドレナリンもたぶん出てただただ必死だったのですが、かなりの煙を吸ってしまって、制服も消火器の粉まみれ&すすまみれになってしまい、2~3時間はぐったりしてしまいました。(少し休憩しても体調が戻らなければ病院へ行くという約束で、ひとまず休ませてもらいました。)

 

不幸中の幸いで、大浴場は清掃中の時間で&客室は離れているのでお客様に被害はなし。

ただメインの大浴場が使えないという事で、近隣の温泉施設を無料で使えるように協力して頂いたものの、ご足労をかけるという事態に。

 

僕自身は4時間を時給がついた状態で休憩をもらい、落ち着いた頃に少し現場検証に立会い、周辺の清掃の手伝いへ戻りました。

 

僕の勤務契約期間が残り一ヶ月という所で、こんな事が起こるとは本当に思っていませんでした…!

 

「貴重な体験」と言っては語弊があるかもしれませんが、本当にひとまず良かったなぁと。

で、こんな大変な事があったタイミングで、なんと相部屋開始という…!

小火後の清掃を終えて帰宅すると、全く知らない人がすぐ隣に居るという…!

支配人や主任にご配慮いただいて急遽休みを頂いたのですが、爆音いびきで全く眠れず(爆)

そして火事場の馬鹿力の後遺症か、腕や足が筋肉痛になるという(爆)

 

何か言われもないストレスが襲ってきたので、今日はせめてもの自分へのねぎらいという事で、久しぶりにサウナに入って体内の毒素を出した気になって、ちゃんとしたご飯を食べてきました(笑)

蟹玉定職

原因についてはある程度特定出来ているのですが、警察の方からも「今はまだ周りに言わないでください。」と言われているので、ブログでも書くのを控えておきます。ご了承くださいm(_ _)m

 

今日はゆっくり眠れますように…

 

生きる事を続けるのか、この世を去ることになるのか、運命の日まであと267日です。

 

コメントを残す