【長文】このブログを書くことは、僕なりの覚悟の決め方です。

2019年3月7日の作業内容

・底辺脱出ブログ1記事投稿
・アフィリエイトサイト2記事投稿
・新規サイト・トップページ下書き続き

 

このブログを書くことは、僕なりの覚悟の決め方です。

今日もリゾートバイトな一日が終了しました。

連休明けという事もあって仕事開始直後は少しボ~っとした感はありましたが、お客さんが来るとスイッチオン。

仕事に慣れてきたこともあって、あっという間に一日が終わりました。

 

今日はここからが本題です。

「非公開にして欲しい」という要望を頂いた上で、とあるコメント頂きました。

そのコメントを受けて、僕が思っていることについて書いていってみたいと思います。
(かなりの長文になっています。)

 

まずはじめに、「このブログを書くことは、僕なりの覚悟の決め方です。」という事を書かせていただきます。

 

これだけだと、何のことを言っているのかサッパリですよね。

なので、例え話やメンターの方に教わった話を交えて書いていってみますね。

 

例え話。
あなたは、(アルバイトや正社員といった事は問わず)定職に就いているとします。

しかし貯金はゼロ。

毎月の手取りは月に18万円。

現在の仕事、多少面倒に思うことがあったとしても心底辞めたいと思わないし、辞めたら生活できないし、本気で辞めようとは思っていません。

 

そんなある日、あなたは雑誌を見ていて「うわっ、この腕時計欲しい…!マジで欲しい…!」そう思いました。

その「欲しい…!」と思った腕時計の値段を見てみると、価格は50万円。

 

あなたは毎月の生活費、どれだけ削っても15万円は絶対にかかる状況のため、

・毎月の余裕は3万円。50万円÷3万円=16.666…
=つまりは、毎月3万円の貯金を17ヶ月(1年5ヶ月)続ければいいんだ!

と皮算用して思いました。

 

最初の1~2ヶ月は「あの腕時計のため、仕事終わりの一杯は我慢しよう!」と頑張って節約します。

けれども3ヶ月が経ったある日、「そろそろ夏だなぁ。今は冬用のブーツしかないし、少しはお金に余裕があるから、長く履くこともできる丈夫でお洒落なビーチサンダル、買おう。」と思って、1万円のビーチサンダルを購入しました。

 

そのことがきっかけで、「夏に長袖のシャツしかないなんてムリ。半袖のシャツ買おう。」と半袖シャツを購入。また「お金を貯めるのは長期戦。仕事終わりに一杯飲んで適度に息抜きしないと。」と思って仕事の帰り道に缶ビールを購入。

手元に多少のお金があることで、あれやこれやと小物を買うクセがついてしまいました。

 

そんなこんなで1年後。

預金通帳を見てみると、「ん?12万円しか貯まってない。。。」

 

この時に思うこととして

・「今の収入では、50万円の腕時計を買うことは無理だな。諦めよ。」と、簡単に諦める。 はたまた、
・「ちょっと計画が後ろ倒しになってるだけ。来年の今頃はお金持ちになって買えてるだろう。」と、今の自分の力や身の丈をわきまえず、夢見続けている。 はたまた、
・「1万円のものを50個買ったほうが、俺は幸せ。」と、自分の本当の気持ちを偽って、目標達成できていない自分を納得させる。 はたまた、
・「いや、もう腕時計欲しくないわ。」と、完全に熱が冷め切っている。 はたまた、
・「明日は好きな子とデート!12万円あれば満足させられるでしょ!」と、当初の目標を忘れきっている。

etc…

といった感じで、あなたは、あれだけ欲しいと思った「50万円の腕時計を買う」という1年前の目標を達成できず。

 

もっというと、今と1年前の今頃はあまり変わっていない。

こんな経験、ありませんか?

 

 

しかし、上記の話がもし

「あなたは病気を患った。3ヶ月後までに50万円かかる治療を受けることが出来れば生き延びれる可能性がある。しかし、そうでない場合は…」

という状況に、本当に立たされたら…。

 

もっというと、

「あなたの最愛の人が病気を患った。3ヶ月後までに50万円かかる治療を受けることが出来れば生き延びれる可能性がある。しかし、そうでない場合は…」

という状況に、本当に立たされたら…。

 

あなたはどうしますか?

 

借金をするためにカードローンの申し込みを片っ端からしたり、それでも間に合わないなら恥をかなぐり捨て、身内や友達に事情を懸命に話し頭を下げ借り入れの申し込みをしたり、なりふりかまわず本当に限界まで働いて少しでも多くのお金を稼ごうとする。


このような意気込みで必死になるだろう。是が非でも結果を出す(=お金を用意する)だろう。と思いませんか?

 

もし僕が第三者としてこのブログをここまで読んでいたら、「そりゃ本気になってやるでしょ。」裏イディオムは「俺が本気になったら、できるでしょ。」と思っていると思います。

 

2018年、僕は上記のような

・「あなたの最愛の人が病気を患った。3ヶ月後までに50万円かかる治療を受けることが出来れば、生き延びれる可能性がある。しかし、そうでない場合は…」

に似た状況や、それくらい心にグッと負担がかかる場面に本当に立たされました。

 

この状況、どう考えても「人生において、一番本気を出すとき。」ですよね。

 

そして、2018年のこの時の僕はどうだったか?

 

結果は

・僕が思っていたような、本気が出なかった。

です。

 

愕然としました。

・「頭では「ここが本気を出す所」と分かっているのに、どうして本気が出ないのか…」
・「俺の本気なんてこんなもので、、特に何もできない人間なのか…」
・「だから、ただ訪れる人生の悲しい出来事は受け入れるしかないのか…」

と、自分にほとほと愛想が尽きました。

 

2018年の年末には、自分で命を絶つことも本気で考えてしまいました。

 

しかし、自分が「本気が出なかった」「本気が出せなかった」原因について考えてみる機会があったんですね。

 

そのときに分かったことに、自分が「本気が出なかった・出せなかった」原因として

・覚悟が決まっていなかったから

ということだと分かりました。

 

今まで、なんとくなく生きてきて、なんとなく形になってきた人生。

時には自分を守るために「俺はこんなすごいんだぜ。」と大きく見せるようなことを言って、なんとなく自分のプライドを保ってやってこれたりもしました。

だから、こんな「人生の本気を出す場面」が訪れても、「本当の大事にはならないだろう。今回もなんとかなるだろう。」という根拠のない甘い考えがあったり、ちょっと切羽詰ってくると「どうしよう…」と手足がすくんで何も出来ず。

 

つまりは、覚悟が決まっていなかったので本気が出せないでいたのだと分かりました。(こう分かった理由は、メンターの方の話より。)

 

このままでは、この先生きていても何度も何度も同じことを繰り返して、しまいには本当にどうにもならなくなって、ただただ時間を過ごす人生になるだろうと。(現時点でそうだから。)

 

だから、本当に覚悟を決めないと。

 

でも、今までも「○○っていう目標を絶対に達成するぞ!」と、その時は、その瞬間はまぎれもなく覚悟を決めたはずなのに、なにひとつ達成できていない。

 

その原因って、何?と考えたところ、

・逃げ道があったから。

・僕にとっての逃げ道って…何?

・「なんとかなるだろう。」という、根拠のない甘い考え。
・行動力のなさ。

と行き着きました。

 

さらに目標を達成しているメンターの方の話の中で、

・「私は、考えられる逃げ道を全て防ぎました」

という話があったんですね。

 

ここまでくると、

・「今までの自分を振り返って見てみると、自分の力だけでは逃げ道を防ぐことはかなり難しい。」という事を嫌でも自覚しなければならず、

・「半ば強制力にも似た力が働かないと、逃げ道を防ぐことは出来ない」

と思うようになり、その手段としてこのブログを書くことを決めました。

 

つまりは、覚悟を決めるための、僕なりの手段のひとつと思って書いています。「窮鼠猫を噛む」的な。

 

何をするための覚悟か?

それは、人生を変えるためです。

 

文章がうまくない僕の長文なので、よく分からなかったり、全く共感できなかったりという事があると思いますし、伝わっていたとしても(この記事に対して)批判的な意見があったり、はたまた「だから、どうした(笑)」と、独りよがりな感じに伝わったり、色々あると思います。

 

逆にいうと、どんな風に伝わっても全然良いんです。

つまりは、最高に自己中心的なブログかもしれません。

かまってちゃんではなく、自己中なのだと思っています。

 

僕が、毎回のブログの文末に「生きる事を続けるのか、この世を去ることになるのか、運命の日まであと○○日日です。」と書く理由は、

・「メンタリストDaigoさんが、一年という時間があっという間に過ぎないための計画の立て方」という話の中で、年間の計画を立てるときは「目標達成するまでにあと5ヶ月ある」とするよりも、「365日あったのに、今年はもうあと300日しかない。=65日経っていると実感することで、日々を惰性で過ごしにくくなる」といった旨の話を受けて、自分で葉っぱをかける意味合いで書いていることだったりもします。

つまりは、自分のためです。

 

メンターの方の話の中で、

・死に場所を探している人に、命をかける資格はない。
・命をかける資格のある人は、死にたくない人だけだ。

と仰られた話がありました。

そう、僕は死にたくなんかありません。楽しく自由に生きたいです。だから、命を懸けることにしました。それはやはり、自分のためです。

 

続けて、メンターの方の話の中に、

・今、できることを集めて全力でやる。その積み重ねが未来を変えていく。

といったお話ありました。

最高に意思が弱く、なりゆきまかせ、覚悟のない僕が、出来ることを集めた結果が「ブログを書く」でした。つまりは、これも自分のためです。

 

笑われても、暴言を吐かれても、逆にそれは僕にとって「ウェルカム」かもしれません。それだけ強制力が働くと思いますので。

 

しかし、今のところはコメントを頂く方からは思いもよらなかった暖かい言葉を頂いて、書き始めたときには思いもよらなかった感謝の気持ちもあります。本当にありがとうございます。

 

また、目標値については無謀な目標ではなく、過去に達成経験があり、

・ここのラインは超えないと、人生が変わっていかない

というラインの、現実的に達成可能かつ人生が変わりはじめるラインの目標を設定しています。

 

だんだん支離滅裂になってきたので、この辺りで今回のブログを〆させていただきたいと思いますが、やはり言いたいことは、

・このブログを書くことは、僕なりの覚悟の決め方です。

という事だったりします。

底辺ブロガー(こんな風に不細工な顔を出すことも、逃げ道を防ぐひとつと思っています。)

 

このブログに書いていることは本気で決めていることですし、本当に人生を変えたいので、このブログには本当のことしか書きません。(嘘を書いた所で、何の意味も持たなくなりますので。)

 

またブログという媒体の性質上、本当に面白半分でこのブログを見てくださっても全然いいと思いますし、他人の人生を興味本位で垣間見る感じで楽しんで見てくださると、それはそれで「楽しみを提供できているのかな」と思ったりもしますし、最終的に、誰かの心に熱い火をつけることが出来るようなブログになっていれば、もうそれは最高だと思ったりもしています。

 

このブログを書くことは、僕なりの覚悟の決め方です。

 

生きる事を続けるのか、この世を去ることになるのか、運命の日まであと300日です。

 

4 Responses to “【長文】このブログを書くことは、僕なりの覚悟の決め方です。”

  1. タテケンさん、こんばんは。

    私はこれまで、人生の選択肢は少ない方が良いと考えていました。
    何故かと言うと、選択肢が多ければ多い程より楽な道を選択して
    しまうと考えていたからです。しかし、最近その考えは少し変わ
    って来ました。選択肢はやはり多い方が良いなと。ただ、選択肢
    が仮に複数あったとしても、場合によっては楽なものが無い場面
    に出くわす事もあります。酷い時には10通り中10通り、パラ
    シュートの無い状況でスカイダイビングをするしか無い様な状況
    もあります。

    学生時代祖母によく「お金は無駄遣いしないで貯金しておきなさ
    い」と言われてきました。当時は話半分で空返事をしていました
    が、やはり長く生きてきた人の話はきちんと聞くものだと痛感す
    る事が何度もありました。何故お金を貯めるのかと聞かれれば
    「欲しい物を買う為」と答える人もいれば、「必要な時にお金が
    無かったら困るから」と答える人もいると思います。私はあまり
    物欲が無いので、使うと言ってもアイドルのCDやDVD、それと
    掲載されている雑誌を買うぐらいなので年間で2万円行くか行か
    ないかのラインです。外食なんかは、他の人がいると気になって
    食事どころではなくなってしまうので、仕事の打ち上げの時に付
    いて行く程度です。ですので、働いて得たお金は他には使う事が
    無いので、全部株投資に回しています。そして株を買って、買っ
    た株を貸株というものにします。貸株にすると毎日金利が付いて
    毎月15日にその金利の合計金額分を貰う事が出来ます。この貸
    株金利に関しては、株の保有枚数と金利によって得られる金額は
    人それぞれ違いますが、上手くやればこの金利だけで生活してい
    く事も可能ではあります。ただ貸株にもデメリットはあるので一
    概に株を買ったら貸株にしましょう!!とは言えるものでもあり
    ません。ただ、効率良く稼ぐのであれば、株に限らず人よりもお
    金に働いて貰った方が遥かに効率は良いです。

    何事も継続は力ですし、どんな世界でも学ばない者は成功する確
    率が極めて低いので、兎に角身になる事をコツコツと積み上げて
    いく事が大切だと思います。私は数学が全く理解できず、中学で
    は9学期中で5回1評価を取りました。父親はそれを知って嘆い
    ていましたが、当時も今もですが「あれは理解出来る人間がおか
    しいのだ」という極論に到達しています。それに、数学が出来な
    くても投資の世界では勝てているので頭の良し悪しは全く関係無
    いと思います。因みに現在持っている銘柄はオウケイウェイヴ 、
    アイ・エス・ビー、エーアイ、そしてアンジェスという会社の4
    銘柄を保有しています。この4銘柄については中長期で見ていま
    す。後は年に数回市場が暴落するので、そこで節ごとに買ってい
    きます。大抵株投資で負ける人は、一度に買ってしまうか、想定
    の逆を行った場合のマイルールを決められていない人です。上手
    くやればほぼ負けない世界ですが、やはり学ばない人は勝てない
    世界ではあります。私はまだこの世界に入って短い方ですが、常
    に新鮮味がありとても面白い日々を送らせて頂いてます。

    兎に角、お金は欲しい物が無くても貯め続ける事、そうしておけ
    ばいざという時、困る事は少ないです。塵も積もればですから、
    小さなお金の使い方程甘く見てはいけないと思います。

    • Snowさん、こんばんは^^
      コメントありがとうございます。

      仰る通り人生は本当に選択の連続で、何を選ぶかは個人の自由でありながら、選んだものによってその後の選択肢の数や種類もも変わりますし、もっというとその後の人生が変わっていくものだなぁとSnowさんのコメントを読んで感じました。

      そして、おばあちゃんから素敵なことを学んでいらっしゃったんですね。今の僕にもとても心に響きました。
      そういった経緯もあったりして、株への投資をされていることも、素敵なことだと思います。

      僕は株のことに関しては無知だったので、「貸株」という言葉を初めて知ったりしてとても興味深く読ませていただきました。

      「株に限らず人よりもお金に働いて貰った方が遥かに効率は良いです。」というコメントの一文、成功している経営者の方が仰っていることに通じる部分があると感じたりもしたので、Snowさんの株ブログなどがあれば、ぜひ読んでみたいな、なんて思いました^^

      小さなお金の使い方は本当に甘く見てはいけませんね。
      お金に限らず、人生を豊かにするためには、日々の自分の何気ない行動を甘く見てはいけないという所にも通じると感じましたので、「自分の行いは、どういった事に繋がっていくのか」という所も見据えて、日々「イイ感じ!」に過ごしていってみたいと思います。

      学び多きコメントを頂き、ありがとうございます!

  2. タテケンさん、こんばんは。

    再度失礼します。株ブログは以前始めようかと思ったんですが、
    他の人のお金にまで責任は持てないので、もしブログを見て買
    った株が下がってクレームが来てもメリットは無いので。
    お金を貯める時は目標金額を決めると良いと思いますが、毎月
    働いていて一定数の収入があるのであれば、毎月かかる固定支
    出と自分のお小遣い分を除いて強制的に定期貯金にするのも一
    つの手だと思います。

    私はこれまで定期預金というものを行った事が無いので、今年
    もし働きに行くようなら、定期預金でどれだけ貯められるか実
    験してみたいと考えています。普通預金だったら直ぐに下ろせ
    てしまうので、貯める意志が弱いとなかなか貯まりにくい状況
    になると思います。なので、強制的に下ろせない状況を作る事
    で無駄な出費を減らし、貯められる環境を作っていく。
    毎年お世話になっているホテルで働いたとしたら、食費と通信
    費とお小遣い分を除いたと想定して、残りが15~16万円と
    して×4ヶ月半で約70万円くらいは貯まると見ています。そ
    れとは別に満期で15万円位別途で貰えるので、若し上手く出
    来れば80万円は貯まるのではないかと考えています。結局お
    金が管理出来ないと言っている人でも、手元にあるだけでしか
    やりようが無いので、何だかんだで何とかなるものです。私は
    定職に就いた事が無いのでクレジットカードは作れませんが、
    今思えば寧ろそれで良かったと思います。私の考えでは借金と
    いう認識なので。お金を使いたければ「働いて儲けて使え」こ
    の言葉は「親父の小言」というサイトに書かれている一つです
    が、とても良いことが書いてあります、もし時間のある時にで
    も是非一度読んでみてください。

    手元にお金があるとどうしても使ってしまうのでいつも証券口
    座に直ぐに入金していますが、こういう定期預金で貯めるのも
    良いと思います。貯めたいのであれば極力無駄な出費を減らし
    ていく事です。私もたまにお菓子を買うんですが、全部飛べ終
    わった後には満足感が残ります。しかし、数日後に買い物に行
    くと、再び先日食べたお菓子が食べたくなるんです。それは何
    故かと考えた結果、脳がそのお菓子の味を覚えているので、再
    び食べる事によって得られる快楽を無意識の内に要求している
    のだろうという結論に至りました。パブロフの犬ではありませ
    んが、食べたいお菓子を目の前にして買わずにじっと見ている
    だけで唾液の分泌量が自然に増えてくるので、ある種の禁断症
    状に近い物を感じます。

    現に砂糖の中毒性は麻薬の数倍と言われており、無意識に甘い
    物を欲している人は既に砂糖中毒になっている可能性が極めて
    高いです。要するに甘い物を完全に断つには、麻薬を断つより
    も遥かに難しいという事です。砂糖は3日間我慢出来れば、そ
    れ以降は徐々に砂糖に対する依存性が薄れていき、最終的には
    「何故あんなに甘い物が食べたかったのだろうか」と思う様に
    なります。それが依存性です、無意識での欲求程怖い物はあり
    ません、正に衝動的と言っても過言ではないでしょう。
    甘い物は百害あって一利なし、摂取し続けるとどんどん病気の
    オンパレードになります。健康的に生きて行きたければ先ずは
    砂糖、酒、たばこをやめる事。これは絶対だと思います。

    • Snowさん、引き続きのコメントありがとうございます^^

      ブログを書き出すと媒体の性質上、良いコメントも悪いコメント付き出すと思うのですが、Snowさんはとてもよく勉強されていることが分かりましたし、僕も含めSnowさんの株に対する考え方や運用方法に興味がある人も多いと思いましたので、もし気が向いたら書いてみて欲しいなと思いました!

      また、お金全般の運用方法についてもよく考えていらっしゃるんですね。定期貯金をすることも、強制力が働いてしっかり貯まりそうですね。

      その後、体調はいかがですか?今年も働きにいけて、定期貯金の実験もできるようになればいいな、なんて思います。その際にはぜひ結果を教えてくださいね^^僕も見習って、しっかりお金を管理できるようにしていきたいと思います。

      強制的に目的をかなえるようにしていく仕掛けを自分で作っていく工夫って、大切ですよね。クレジットカードは使い方を間違えると恐ろしいものだったりするので、「働いて儲けて使え」という言葉、肝に銘じたいと思います。「親父の小言」というサイト、僕も見てみますね。

      また、無駄な出費を減らすことも本当に大切ですよね。Snowさんの場合はお菓子ですか。僕の場合はタバコだったりします。。。

      砂糖には禁断症状的なものがあるんですか。人に「快」を与えるものは、その反動(中毒症状・依存性)みたいなものが怖いですね。お金がいくらあっても健康でなければ全くもって意味をなさないので考えさせられました。

      いつも学び多きコメント、ありがとうございます^^

コメントを残す